ページを複製

| コメント(0) | トラックバック(1)

普段、Blogの巡回にFeedDeamonというソフトを使っているのですが、これがOutlookExpressと同じ3ペインタイプ。
メールならこのレイアウトで不満はないのですが、ホームページとなると、どうしても狭く感じられてしまいます。
もちろんソフトの機能で、広げたりもできるのですが、どうにも面倒。
このソフトはIEコンポーネントを使ってホームページを表示してるので、IEの右クリックメニューも使えます。

Operaでは右クリックメニューで「ページを複製」という機能があるので、この機能があればいいのです。探してみましたがIE用でそういう機能を付け加えるソフトは見つけられず。
それじゃ作ってしまおうってことで、IEの右クリックメニューを拡張して、InternetExplorerで今見ているページを開くツールを作ってみました。


今回は名前はそのままストレートに

ページを複製


もちろん通常のIEでも、見ているページを別窓で開くことができます。
また、リンクの上で実行すると、リンク先のページを新しいウィンドウで開きます。

シンプルな機能しかないので、どれほど需要があるかわからないのですが、微妙にかゆくて手が届かなかったところが、やっとスッキリしました。

右クリックメニューの項目は"qページを開く"としておきましたので、右クリック+Qキーで素早く呼び出せます。

ちなみに、ソフトごとにマウスジェスチャーを割当てられるマウ筋と組み合わせると、マウスジェスチャー一発で、新しい窓を開くことができるので、なお便利。

RakuCopyもそうでしたが、作ってるソフトに飽きてくると、こういうお手軽なソフトを作ってしまいます。
いい加減、そろそろ完成させたいのですが…。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://a-h.parfe.jp/mt6/mt-tb.cgi/78

とりあえず自分用メモとかを書きだめ。時々更新します AUSGANG SOFTさんのgrasemonkeyスクリプトは好みのが多いのでよく使わせてもらってい... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、AUSGANG SOFTが2004年11月10日 14:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AsociateHelperが動作しない件」です。

次のブログ記事は「Opera から FireFox最適化版 へ乗り換えてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ