WebサービスをAmazonで知る(後編)が公開

| コメント(0) | トラックバック(0)

ITmedia エンタープライズ:特集:後編 WebサービスをAmazonで知る――PHPでECS 4.0を使うテクニック

 「前編 WebサービスをAmazonで知る――ECS 4.0でアフィリエイト」に引き続き、Amazonの提供するWebサービス、ECS 4.0を利用したプログラミング手法について解説します。前編から読むことで、ECS 4.0の概要、RESTリクエストについてが理解できます。後編では、Webスクリプト言語のPHPを利用して、さらに本格的なECS 4.0プログラミングへと話を進めてみましょう。

G-Toolsの作者 金子さんのECS4.0解説、後編が公開されました。
一度に10個以上の商品情報を呼び出す方法や
アダルト商品を判別する方法など、参考になりますね。

特に後者は昨日、試みて新商品など
ブラウズノードを返さない商品は
すり抜けてしまうなーと思ってたところでした(^^;

Amazon Web Servicesの既知の問題 - スピリッツオブゼロ

Formatパラメーターがついてない商品があることは
Amazon側も認識しているみたいですが、対応は未定のようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://a-h.parfe.jp/mt6/mt-tb.cgi/93

コメントする

このブログ記事について

このページは、AUSGANG SOFTが2005年2月25日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TBスパムボット 来襲!」です。

次のブログ記事は「Ajaxって何?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ