Google ヘビーユーザーのための GreaseMonky スクリプト

| コメント(0) | トラックバック(0)

 日常的にネットを使う環境にいて、正月など休みの後に、ふと普段の作業を見直すと、無駄なことをしてることに気がつきます。

 Google で調べ物をするのですが、検索結果からページに飛ぶので、そのページを見終わって閉じて、後でまたGoogle を新たに開く(サーチボックスから Google を開く)ということを繰り返しやってます。

 解決方法として、Google の表示設定で、"検索結果を新しいウィンドウに開く "というのがあるので、これをONにすることで、検索結果からは別窓で見れます。

http://a-h.parfe.jp/einfach/archives/option.gif

 でも、パーソナライズド ホームを使ってるので、検索結果に移動せずに常に Google を開いておきたいのです。

 そこで、検索フォームをちょっと書き換えて、必ず別窓(新規タブ)に検索結果を表示するようにする  GreaseMonky スクリプトを書いてみました。



 インストールは、右クリック(Mac は ctrl+クリック) → "Install User Script..." で。

 それから、パーソナライズド ホームに表示される各種記事へのリンクも、全部、いちいち新規タブに開いてたりします。
 ホイールクリックするだけですが、毎回やるのも無駄な気がしたので、全部のリンクを、別窓(新規タブ)に開くようにもなってます。 と思ったのですが、この2つの機能をあわせてしまうと、いろいろ問題が出たので、この機能は削除しました。
 代わりにこちらの Add target="_blank" スクリプトを入れて、対象ページを"http://www.google.*/ig*" にすることで同じことができます。


 使ってみると常に Google が開いた状態で使えるので、かなり便利になりました。
 Tab Mix Plus などのタブ機能拡張を入れて使うのがオススメ。

 それと思ったんですが、表示オプションの"検索結果を新しいウィンドウに開く "は"検索結果から新しいウィンドウに開く "のほうがわかりやすい気がします。

 ということで、文字通り"検索結果を新しいウィンドウに開く " GreaseMonky スクリプトです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://a-h.parfe.jp/mt6/mt-tb.cgi/141

コメントする

このブログ記事について

このページは、AUSGANG SOFTが2006年1月 5日 17:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FirefoxでBlogを書けるエクステンション」です。

次のブログ記事は「Greasemonkey - Google のラジオボタン押したら検索」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ