でくすもん WEBの舞台裏検索ツール

| コメント(0) | トラックバック(0)

また、思いつきで作ってしまった・・・

Firefox+Greasemonkeyでのみ動きます。
以下のスクリプトをインストールしてから見に行ってください。

dexmon.user.js


でくすもん
http://blog.amazie.jp/dexmon/


なにをするものかというと


こんなページを検索してひっそり眺めるためのツールです。

ネーミングは
index of で公開されてしまってる物=でくすもん
を探してみよう
ということです。

仕組みは、Yahoo検索APIでIndex ofなページを検索して一覧表示、各ページをgXMLHttpRequestで読み込んで解析、該当するファイルを設定されたフィルタ形式で表示という感じです。

MP3、画像、FLVは、わざわざそのページに行かなくても見聞きできます。
再生にはオープンソースのMP3プレーヤーFLVプレーヤーを使ってます。
画像は、LightBox.js。とても重いっす。
外部からのリンクを禁止してるサイトなんかは当然見えません。

一覧表示すると、重い画像を載せてるサーバーに対してはプチDOS攻撃になってしまうので同時に表示する数を少なめにしてあります。

ToDo
ファイルの種類と表示方法をわけて指定できるようにすべきだと思う。
サイトの先読みとか。

ご注意・ライセンス
脆弱性200%です。
作者が悪意のあるコードを追加すれば、なんでも覗けてしまいます。(httpsなページでも。)
ローカルでも動くので、保存して使うことをオススメします。

でくすもんのライセンスはCreative Commonsで。やっぱりやめて、改造・再配布は自由ですが、紹介する時にスクリーンショット、ムービーを使わないひっそりライセンスでお願いします。
カスタマイズするときは、YahooAPI アプリケーションIDは書き換えて使ってください。


元アイデア

いかんともしがたい: WEB 上にひっそりと置かれている MP3 の検索方法
http://music.cocolog-nifty.com/001/2006/06/mp3_search.html


使わせていただいたライブラリ

CMS researcher - Greasemonkey: prototype.jsでクロスドメインAjaxを可能にする
http://d.hatena.ne.jp/ysano2005/20060305/1141545233

XPath, $X function, NSResolver < 16 < March < 2006 < nulog, NULL::something : out of the headphone
http://lowreal.net/logs/2006/03/16/1

最速インターフェース研究会 :: キー割り当て用ライブラリを作った
http://la.ma.la/blog/diary_200511041713.htm


Tips

キーバインドは、LDRをパクッてます。
基本動作はASJKキーで。画像のLightBox表示はL。あとはNとかV(別窓)とか。
LightBox表示時には、C or W(閉じる)、J or N(次の画像)、P or K(前の画像)となっています。

ブックマークレットも。
選択してるテキストがあれば、それをキーワードに検索。
なければ、そのページを表示。
なので検索で出てこないページも、でくすもんで見ることができます。

独り言
思いつきから、ごりごり書いたのでコードははげしくキタナイっす。
prototype.jsを使ってますが、オブジェクト指向って何?という感じ。
Firefoxのみ対象で作ったのでクロスブラウザを考えなくてよく、かなり作りやすかった。
でも、使えるものにするのは、割と大変。
Windows+Firefox環境のみ、IMEをOFFにしなくても、ショートカットキーが使えます。


まぁ、検索してもほとんどが、役立たないデータですが、うっかり公開されてるデータを見つけるのが通な使い方です。
怪しいページに迷い込まないようにご注意を。
舞台裏に息づく"でくすもん"たちを眺めてみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://a-h.parfe.jp/mt6/mt-tb.cgi/163

コメントする

このブログ記事について

このページは、AUSGANG SOFTが2006年7月19日 19:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「keyconfig拡張で”Gmailで送信”」です。

次のブログ記事は「もう買い忘れしない!商品の発売日をカレンダーに Amazon2iCal」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ