Javascriptのエラーを捕捉して、analyticsに記録するスクリプト

| コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりのブログ更新です。
ちょっとした小ネタですが、クライアントサイドJavaScriptのエラー捕捉して、analyticsにイベントとして記録する方法です。

サーバーサイドのエラーは残っているのですが、クライアントサイドのエラーがわからない。
そういえば、過去にそんなサービスを見たことあったなー、と思って調べてみました。

クライアントサイドJavaScriptのエラー捕捉をするプロキシサービスProxino

現在は、月額$10になってるようですが、それでも高い・・・。


最速インターフェース研究会 :: JavaScriptでDebugScreenを表示する

もう少し、調べてみると実際はそれほど難しいことは必要ないみたい。
それならば、自作してしまうことに。

ログの保存も、とりあえずanalyticsのイベントに記録させるというお手軽実装です。

これで、とりあえずエラーログが拾えてます。
一番多いのは

file : line : 0 message : Script error.

というデバッグしようのないログなんですが・・・。
それでも、いくつか問題が出ていた箇所がわかったので、そこそこ使えるかなと。

ブラウザのユーザーエージェントや、エラーの起こったページなどを記録できるとより特定しやすくなるかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://a-h.parfe.jp/mt6/mt-tb.cgi/208

コメントする

このブログ記事について

このページは、AUSGANG SOFTが2013年1月21日 18:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CoffeeScriptを使ってTitaniumでiPhoneアプリを作る」です。

次のブログ記事は「iPhoneを通話・MMSのみで運用する方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ