Naverまとめを2ヶ月ほどやってみた結果

| コメント(0) | トラックバック(0)

友人がそこそこ小遣い稼ぎできるよ、と教えてくれたので、2ヶ月ほどNaverまとめをやってみた。

やってみた感想としては、だれでもいつでも参加できる週刊誌の記者をやっているようなものだなぁと。
既存のコンテンツからの切り貼りだけど。
いくつかやってみて気がついた点をまとめてみた。

瞬発力と持続力

まとめには瞬発力と持続力があり、どちらもあるまとめが理想。

ゴシップ、火事、殺人事件などは、テレビや新聞のニュースになるので瞬発力がある。
大手新聞サイトは過去記事は消されていくので、まとめておくと、まとめしか残らないのであとから検索され続け、持続力もある。
ただし、早い者勝ちな世界で競争が激しい。

やっぱり、テレビで流れるものは検索されるので流入も大きい。瞬発力がある。

テレビドラマなど、毎日、毎週放送されるものの感想をまとめたりすると持続力も瞬発力も得ることができるようだ。これもたいてい他の人がやっている。

Naverまとめ連携サイトからの流入

マピオンとの連携で地域ごとにまとめが表示されていたので、地域性のあるまとめは有利だった。
現在は表示されなくなっている。終了?

Yahoo!の検索結果
ひとつの単語のキーワード検索の結果にNaverまとめ記事が3本出ることがある。
ここに載ると相当流入が期待できる。ここに乗り続けられれば、持続力を維持できる。

▼トピック

トピックのRSSから自動的につぶやいてくれるボットがいるので、そのトピックを適用すれば、かなり拡散が期待できた。
トピックをつける、お気に入りに入れる、更新するのいずれかで、トップに載ることができたので、とても効果があった。が

トピックボードの仕様変更について - NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/notifications/info/2138741974791989500

↑の変更で、ほぼこのルートでの拡散は望めなくなった。残念。

▼プロフィール欄のSEO効果

どれくらい効果があるのかわからないが、多くのまとめを公開しているユーザーはたいてい「自分のまとめのまとめ」へのリンクをプロフィール欄につけている。
文字数制限のためURL短縮サービスのbit.lyを使ってリンクしているケースが多い。


▼自分の場合

最初は、自分の好きなものや知っている知識ををまとめていたが、それだけどだとなかなかPVが上がらなかったので、いろいろ他のひとのまとめを参考にした。

瞬発力のあるネタは、毎日、いち早くやらないといけないので、割ける時間が昼休みくらいなのでなかなかできない。なので、なるべく持続的にPVが出る方法がないか試行錯誤した。

たまたま、作ったまとめが、しばらくしてあるキーワードでGoogleの検索結果1番目に来た。これは持続性がかなりあり1万PVを越えた。同じようなまとめを作って、Googleの検索結果上位に載せることもできた。

たまたまだったが、大手サイトがニュースにしにくく、検索されやすいキーワードを見つけてまとめられたのがよかった。

その他、1万PVを越えたのは、ふなっしーネタで一本、毎週1回更新すればよいものが1本。

週一回更新で、他の日はなにもしなくても1日2000PVくらいは出るようになったので、月2〜3000円くらいでそこそこ小遣い稼ぎできるようになってきた。

今後も自分の好きなジャンルをまとめつつ、なるべく持続性のあるまとめを作ることを目指していこうと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://a-h.parfe.jp/mt6/mt-tb.cgi/213

コメントする

このブログ記事について

このページは、AUSGANG SOFTが2014年1月 8日 13:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「djangoで静的ファイルのブラウザキャッシュを切る」です。

次のブログ記事は「クロスドメインPOSTが可能なjQueryプラグイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ